占いで分かること

占いはやっぱり当たる方がいいですよね。当たり前のことですが、ハズレを引いてしまうこともあります。どんなに有名でも、なんか違うな・・とか、思っていたような解決策がみつからなかったなどがあります。そんなことにならないように、ここでは、占いについて、そしてそこで、何がわかるのか?占いに行くとき、その後の気持ちの持ち方をお伝えいたします。

占いとは

まず、占いはそれがすべてではありません。その事が決まっているわけではありません。あくまでも予想で、この流れで行けばこうなるだろうという予想です。占い師という専門家が、これまでの自分ともって生まれた性質などを調べてくれて教えてくれるのです。だから、確定ではないのです。ただ、「こういう方向にむいていますよ。」という話なのです。

過去は変えられない

今までの、成功や失敗は振り返るとたくさんあります。その、過去をじっくり観てみると自分の性格やクセなど色々みえてきます。占い師はこの過去を言い当てます。そしてこの過去をもとに、これからどんな道があるか教えてくれるのです。要するに、どの道を選択するかの選択肢を教えてくれるのです。だから、過去は変えられないのですが、未来は変えることができるのです。

未来がこうなる!

占い師によっては、断言する方もいます。そうなると今は出ていて実際に未来はそうなるかは自分次第なのです。いい占い結果にせよ、悪い結果にせよ、自分の考え方で変化します。その占い結果で未来が変わることもあります。そこをハズレたと思うか思わないかなのです。どちらにしても、発見があります。ハズレたから、別の占い師に相談して良かった。とか、当たっていてこんなにいい事があった。などと何かが自分の中で起こります。それが占いです。

どんな気持ちで占い師と出会う?

jyjyst
たくさんの占い師が存在します。どんな人がいいのかは自分しか分かりません。基準は、自分に合う方です。その占い師に対して、信じる気持ちが湧いてくるような方が一番ベストです。
どんな時に占いをするかと言えば、悩んでいる時です。自分だけで考えて判断をするより、誰かの助言があった方がいい結果や答えになることが多くあります。時には相談したことによって、もっと複雑になってしまい嫌な思いをすることもあります。こんなことにならにように、どんな時に頼るべきか、どうとらえるかのポイントです。

誰にも相談できない事

どなたでも、自分だけの秘密があります。とても恥ずかしくて言えない事で相談する相手もいません。でも、その事で悩んでいる時、占いに頼ってみてもいいのではないでしょうか。占い師だから話せる事がたくさんあります。

進路や仕事で迷った時

普通はとか常識的には、その進道が決まっていてそうするべきでそれが当たり前と世間一般的に決りができていたり、仕事も嫌でも黙ってやっていくことが本物という感覚があります。今はもうこのような、常識や感覚は古くさくなっていて変わっています。これもでの先輩達に聞いても、分からないことです。なんとかなってきた世の中を適当にきた方ではこの問題は解決できません。相談して大変な思いをするのは自分です。こんな時は専門家である、占い師当たるに的確にアドバイスを求めるべきなのです。自分の適職など、将来のことを占ってもらうことは、何も知らない上司や先輩に相談するより、明らかに自分にとってプラスな事が多くあります。
[PR]
占い師募集 | 電話占いピュアリhttp://offer.purely-inc.jp/

どんな事を言われたか

占い師によっては、きつい言い方ですごく辛いものになることもあります。そんなとき、そこで言われた内容は重要ではなく、どう思ったのかということが重要です。そこで思ったことをどのように活かして行くかがポイントなのです。

いい事も悪いことも

どちらの結果も自分の人生の中で、ほんの一部のことです。占い師によく言われたことや、悪く言われたことが決定ではありません。その結果を受け止めて、もっと良くなるための努力をする時の力に変えましょう。

更新情報

◆2016/07/01
占いで分かることの情報を更新しました。
◆2015/08/03
ベストな占い方法の情報を更新しました。
◆2015/08/03
信じれる占い師の情報を更新しました。
◆2015/08/03
占い師との話し方の情報を更新しました。
◆2015/08/03
まだ占いを信じていないあなたの情報を更新しました。