オオサカ堂の低用量ピルならこれがおすすめ!人気ピルランキング!

pill

多くの医薬品を“業界最安値”で販売していることでも有名な「オオサカ堂」の名前を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

通販でしか購入できないような珍しい薬はもちろん、海外でしか販売していない薬も輸入できます。

しかも驚くことに注文してからの商品発送も早く、欲しいときにすぐに購入できる点からも人気です(輸入物だと手元に届くまでは少し時間がかかるかも)そんなオオサカ堂の魅力や、そこで発売している人気の「ピル」について詳しくご紹介していきます。

人気のピルをチェック

オオサカ堂ってどんなお店?

オオサカ堂を運営しているのは、香港を拠点にしている会社です。

サイトを見る限り日本語ですし、薬についての情報もしっかりと書かれているので日本の会社だと思っている人も多いのではないでしょうか。

そのためオオサカ堂では、注文した医薬品の多くの製造元と見るとタイ・シンガポール・アメリカなどの海外のものしか取り扱っていません。

実際にどんな薬を取り扱っているかというと、避妊薬・勃起不全(育毛)・抗うつ薬・抗がん剤など日本ではなかなか手に入らない薬のジェネリック医薬品を中心としています。

海外を拠点としている業者の為、オオサカ堂で購入するときは「個人輸入」で商品を購入することになります。

海外の薬というとどうしても不安な気持ちになってしまいますが、オオサカ堂では実際に購入した人の口コミやレビューを多く掲載しています。

その為、口コミを見てから購入できる点は安心感がありますね。

人気のピルをチェック

オオサカ堂は輸入医薬品専門ショップ!

本来ジェネリック医薬品などは、病院に行って医師の診察のもと処方箋を出してもらわないと受け取ることができません。

でも必要なときにすぐにいけないこともありますし、定期的に通うのは負担がかかります。

その度に仕事を休んでいくのはちょっと…なんて人も少なくないのでは。

しかも薬の内容によっては処方してもらうために病院に通っているのを誰かに見られるのは嫌なんて人もいるかもしれません。

その点オオサカ堂はネットで注文するだけで気軽に輸入ができるので、仕事が忙しい人でも心配はありません。

ただし個人輸入で購入する際の注意点も覚えておかなくてはいけません。

もしオオサカ堂で購入した薬を飲んで何かしらの健康被害が出てしまってもすべてが「自己責任」の扱いになります。

薬の中には少数ながら副作用が出てしまう人もいます。

オオサカ堂は個人輸入代行業者なので、何かあったときの損害賠償や補償を求めることができないのです。

国内産の薬とは基準が違うのでその点の注意は必要です。

ピルが必要なのはどんな時?どんな効果があるの?

さて、本題のピルですがまずはどんな薬なのか紹介します。

経口避妊薬と呼ばれる薬になり、服用するとほぼ100%の避妊効果が期待できます。

他にも旅行の為に生理周期を早めたり遅らせることもできます。

ピルのなかには「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の両方が含まれています。

ピルを服用すると、脳の下垂体に作用しホルモンの働きを抑制します。

ピルによっても多少の違いはありますが、子宮内膜を受精卵が着床しない状態にするものもあります。

人気のピルをチェック

ピルを購入するには?

ピルを購入するときは病院で医師の処方のもと購入するようになります。

そもそもピルには副作用の心配もあるので、誰でも処方してもらえるわけではありません。

病院によって手順が変わります。

ピルの副作用としてあげられるのは、まずは「血栓」のリスクになります。

ピルを服用していない女性の場合10万人の女性がいるうちの5件ほど(年間)しか発症がないのに対して、ピルを服用するとそのリスクが3~5倍まで増加すると言われています。

また5年以上服用した倍、子宮頸がんのリスクを高めることもわかっています。

またピルによっては服用期間中に体調不良を訴える人も多く、身体の火照りや吐き気などの不調が出てしまうこともあります。

あまりに副作用がひどく出てしまう場合は、服用を一度やめるかもしくは別のピルの種類にすると改善できる場合もあります。

そのため避妊を目的にピルを飲むのであれば、自分にあったものを選ぶ必要があります。

オオサカ堂でピルを買うならコレ!おすすめランキング

オオサカ堂で実際に人気のあるピル3選を紹介します。

1位 マーベロン28
maberin28
マーベロン(Marvelon)は、2種類(卵胞ホルモン・黄体ホルモン)の女性ホルモンが配合されている錠剤21錠に、プラセボ(偽薬)7錠が付いた28錠の低用量ピルです。
人気度
種類 低用量ピル・避妊ピル
価格 999円~
説明 デソゲストレルやエチニルエストラジオールを主成分としたピルで黄体ホルモンや卵胞ホルモン抑制や、排卵抑制作用、子宮内膜変化による精子通過阻害作用なども期待でき、妊娠を予防できます。避妊目的で使われることの多い薬です。毎日1日錠を一定の時間の連続的に服用します。白の錠剤を21日間飲み、その後続けて緑色の錠剤を7日間の合計28日周期で飲みます。マイナートラブルとして吐き気や嘔吐・頭痛・乳房の張りなかには不正出血などが出ることもあります。ピルのなかでも比較的安価なものになり、1年間服用した場合の失敗率は0.3パーセント程度です(ピルを飲んだからといって完璧に避妊ができるわけではありません)日本産婦人科学会のガイドラインでも安全性の高い薬であることが認められているので安心して服用できます。1日1錠ですがもし飲み忘れてしまった場合、気付いた時点で飲み忘れた常時を通常通りに服用し、翌日に気付いたときは2錠のみます。2日以上飲み忘れてしまったときは一度服用を注意するようにしてください。同じマーベロンでも21日用のものもあります。21日の場合は、21日間連続経口服用したあとに7日間休薬しながら続けていきます。
30代女性の口コミ
30代女性の口コミ
ピルを飲むのに不安がありましたが、病院でもよく処方されている低用量ピルだったこともあり即決しました。副作用も少なく、相性がいい人には最適と聞き私には合っていたのだと思います。効果も確かですし、これからも続けますす
20代女性の口コミ
20代女性の口コミ
シンプルな白の錠剤なので私にも管理しやすい!数字も書かれているので飲み忘れてしまう心配もなく、3年ほど続けています。ピルの副作用を心配してなかなか挑戦できませんでしたが、もっと早く使っておけばよかったです

詳細ページ公式ページ

2位 トリキュラーED
tricular
トリキュラーEDは、卵胞ホルモンと黄体ホルモン、2種類の女性ホルモンが配合されている経口避妊薬です。定期的に服用することで妊娠を防ぎます。
人気度
種類 低用量ピル・避妊ピル
価格 3,672円~
説明 レボノルゲストレル・エチニルエストラジオールを主成分としたピルで、マーベロンと同様に低使用量ピルです。トリキュラーEDは、自然なホルモン分泌パターンに似せて薬の総含有量をできるだけ低く抑えています。ピルのなかでも最もポピュラーなものと考えるとわかりやすいかもしれません。前半に必要なプロゲストーゲンを極力少なくしてホルモンの分泌パターンに似せることによって、避妊効果は落とすことなく周期ごとのホルモン量を減らしています。黄体ホルモンや卵胞ホルモン抑制や、排卵抑制作用、子宮内膜変化による精子通過阻害作用などのピルとしての効果が期待できます。トリキュラーEDは28日連続して服用するタイプの薬でプラセボ(偽薬)付きのものです。トリキュラーには21日服用タイプのものと比較すると、毎月の負担額は少し大きくなってしまいます。プラセボ付きのものは毎日飲む習慣をつけるために、付いているものになり飲んでいない期間に忘れてしまうことのないよう、管理を目的につけられています。ピルは飲み忘れてしまうと効果がなくなってしまうので、プラセボがついているのは嬉しいですよね。
20代女性の口コミ
20代女性の口コミ
ピルを飲みはじめてからずっとトリキュラーしか使っていません。生理不順の改善もできましたし、避妊効果も期待できるのでずっと使い続けていこうと思っています。
20代女性の口コミ
20代女性の口コミ
ピルを毎日続けられるか不安でしたが、トリキュラーのようにプラセボがついているものだからこその安心感もあります。飲まない期間がないので自然と習慣もつき飲み忘れることなくピルを続けられています
30代女性の口コミ
30代女性の口コミ
錠剤の色が違うので最初飲み方がわからず大変でした(笑)でもホルモンが安定するように成分を3段階で慣れさせていくので、副作用も感じにくく続けられています。病院でも処方している薬とあって安心感もあります

詳細ページ公式ページ

3位 ダイアン
dian
ダイアン(Diane-35)は、低用量ピルです。有効成分として酢酸シプロテロンとエチニルエストラジオールを配合しています。避妊効果に加えて、ニキビ(特に脂漏症や炎症または結節の形成を伴う、中程度から重度のもの)、体毛が濃くなる(多毛症)など、女性におけるアンドロゲン(男性ホルモン)依存性疾患の治療に使用されています。
人気度
種類 低用量ピル・避妊ピル
価格 1,223円~
説明 低用量ピルのなかでも比較的知名度が低く、知っている人は知っているピルかもしれません。病院で処方されるものの多くが1位で紹介したマーベロンや2位のトリキュラーなので、ダイアンから処方されるほうが珍しいのではないでしょうか。ダイアンは小柄な体格のアジア人向けに作られた低用量ピルです。21錠の錠剤になっており毎日決まった時間に服用するだけです。プラセボはついていません。海外製のピルを使うと日本人のように小柄な体型では副作用の心配もありましたが、ダイアンは日本人が服用しても副作用を感じにくくなっているのです。ピルは女性ホルモンの量が安定するまでは副作用が出てしまうことも多く、ダイアンでも頭痛・吐き気・腹痛・下痢・むくみ・食欲減退などが考えられます。慣れてくるとこれらの不調を感じにくくなりますので、日常生活にもそこまで支障を心配する必要はありません。
20代女性の口コミ
20代女性の口コミ
ダイアンを飲みはじめてからニキビもなくなり、副作用もなく安心して飲めています。もともと避妊目的で飲み始めましたが、美容面でも嬉しい効果があるのはいいですね。ダイアンはこれからも続けたいです
30代女性の口コミ
30代女性の口コミ
もともと身長が150cmと小柄なので、マーベロンを使って副作用が出てしまいダイアンに変更。今まで吐き気を感じていましたが楽になり私の身体には合っていたのだと思います。副作用なくピルが飲めて良かったです
20代女性の口コミ
20代女性の口コミ
病院でダイアンをもらっていましたが、定期的に通うのも大変で…。通販で気軽に購入できること、しかも値段も安くなりお財布の負担も少なくなりました。生理痛の緩和を目的に飲んでいますが一石二鳥です

詳細ページ公式ページ

ピルにはどんな種類がある?

ピルには様々な種類があり、どんな目的で服用するかによってどのピルを選べば良いのかが異なります。

ピルは大きく分けると、高用量ピル、中用量ピル、低用量ピル、超低用量ピルがあり、配合されているホルモンの含有量に分けて使い分けられます。

一般的に避妊目的で使用されるのは低用量ピルと超低用量ピルになります。

また、低用量ピルの中でも、1相性ピルや3相性ピル等の違いもあり、自分に合ったピルを選ぶことも必要になります。

自分に合ったピルを選ぶことが重要

ピルと言っても様々な種類があり、どれを選べば良いか分からないという人も多いかと思います。

ピルを服用すると副作用が出る場合もあり、人によって合うピルと合わないピルがあり、合わないピルを服用することで副作用が出やすくなったりすることもあります。

1相性のピルが合う人もいれば、3相性のピルの方が合う人もいますし、同じ1相性のピルでも配合されているホルモンの種類やホルモンの配合量によっても変わってきます。

中には、ピルを変えてから副作用が多くなったという人や、副作用がなくなったという人もいるので、出来れば自分に合ったピルを服用するようにしましょう。

ピルを通販で購入するメリットは?

現在、ピルは通販で購入している女性が増えているのですが、それにはいくつかの理由があります。

本来ピルは病院で処方されるべき薬なのですが、病院で薬を出してもらうためには診察を受けて処方してもらう必要があります。

ところが、病院に行って処方してもらう場合、診察費用や検査費等がかかってくるうえに、自費診療扱いとなるためお金がかかってしまうというデメリットがあります。

そこで、少しでも費用を安く抑えるために通販でピルを購入する女性が増加しているのです。

ただし、通販で購入する場合は自己責任で注文しましょう。

人気のピルランキング

まとめ

低用量ピルのマーベロン・トリキュラー・ダイアンはいずれも副作用が出にくく、初心者にも挑戦しやすい低用量ピルです。

生理痛・生理不順・避妊効果など女性にとっては強い味方です。

とはいえ中には体質で合わないこともありますので、ピルを見直すなど自分にあったもので続けられるようにしてくださいね。