ピル関連記事

低用量ピルの21錠シートと28錠シートの違いは?

21sheet

ピルによっては1シートに21錠薬が入っているものと、28錠入っているものの2種類あるものがあります。

たとえば、日本でもよく処方されているマーベロンにも「マーベロン21」と「マーベロン28」の2種類がありますが、一体何が違うのでしょうか?

21錠と28錠の違いについてご紹介したいと思います。

ピルの最安値をチェック

21錠と28錠で飲み方が異なる

21錠シートと28錠シートでは何が異なるのかというと、例えば同じマーベロンであっても21錠入っているものと28錠入っているものでは飲み方が異なります。

とはいっても、基本的な服用方法は同じです。

具体的にいうと、一般的な低用量ピルの服用方法は、21日間連続で薬を服用してからその後に1週間の休薬期間を設け、そしてその後さらに再開するというものです。

つまり、服用しない期間が7日間あるため、その期間は薬を飲むことを意識しません。

ところがそうすると、次に薬を再開するときに忘れてしまったり、いつ飲めば良かったが曖昧になってしまったりすることがあるのです。

それを解消するためのピルが28錠シートなのです。

28錠シートのうち7錠はプラセボ(偽薬)

28錠シートには有効成分が配合された実薬が21錠含まれており、他の7錠はプラセボ(偽薬)なので有効成分が入っていません。

つまり。21錠服用するのは21錠シートと同じですが、その後休薬をせずに7日間はプラセボを服用するのです。

そうすることで、毎日薬を飲むことになるので、飲み忘れを防止したり服薬管理をしやすくすることが出来るのです。

ピルは服用方法をきちんと守らなければ正しい効果を得ることが出来ません。

飲み忘れてしまいそうな人は28錠を選んだ方が良いかもしれませんね。

ピルの最安値をチェック