ピル関連記事

スーシーの効果は?ダイアンとの違いや避妊以外の効果も紹介

sucee

低用量ピルで人気のダイアンはシプロテロンとエチニルエストラジオールを配合した1相性のピルです。

ダイアンは避妊目的で最も多く使われますが、そのほかにも女性に嬉しい様々な副効果があることでも知られています。

今回は、そんなダイアンのジェネリックである「スーシー」についてご紹介していきたいと思います。

スーシーの最安値はこちら

スーシーってどんなピル?

スーシーはダイアンの後発品にあたる低用量ピルで、ダイアンと同じ黄体ホルモンとして「シプロテロン」と卵胞ホルモンとして「エチニルエストラジオール」が配合されています。

ジェネリックなのでダイアンと全く同じ作用を持ており、ダイアンよりも価格が安いのでダイアンから切り替える人も少なくありません。

スーシーの効果は避妊以外にもある

スーシーは津城避妊目的として使用され、定期的に服用することで排卵を抑制したり、受精卵の着床を抑制したり、精子が子宮内に進入するのを抑制することで妊娠を防ぐ作用をもたらします。

また、スーシーは男性ホルモン(アンドロゲン)を抑える作用が強いことでも知られており、男性ホルモンが原因で発生する大人ニキビの改善や体毛が濃い人にも効果があります。

中には、女性化を希望する男性が男性ホルモンを抑えるために使用することもあるようです。

もちろん、このような使い方は適用外となります。

スーシーの最安値はこちら

スーシーの飲み方は?

スーシーの飲み方は他の低用量ピルと同様です。

ただし、スーシーには21錠タイプと28錠タイプがあり、それぞれで飲み方は異なります。

21錠タイプの飲み方

スーシー21は、1日1錠を毎日決まった時間に21日間連続で服用し、その後7日間ピルの服用を休みます。そして、休薬してから7日後に再度21日間同じようにピルを服用します。

28錠タイプの飲み方

スーシー28は、1日1錠を決まった時間に21日間連続で服用し、その後ホルモンの入っていない偽薬(プラセボ)を7日間服用します。そして、プラセボを7日間服用した後、同様に21日間ピルを服用します。

28錠タイプの方が飲み忘れが少ないため、飲み忘れが心配な方は28錠タイプの方が良いかもしれません。

 

21錠と28錠のいずれも避妊する期間は服用を続けます。また、休薬期間中は月経が出現します。

スーシーの最安値はこちら

スーシーの特徴まとめ

スーシーはダイアンのジェネリックで、スーシー21(21錠)とスーシー28(28錠)の2種類があります。

配合されている成分と効果はダイアンと同じで、異なるのは製造している会社と販売されている価格くらいです。

スーシーの効果は避妊だけでなく、男性ホルモンによって起こる大人ニキビの改善や体毛を薄くするという作用もあるのが特徴です。

ダイアンよりも価格が安く、通販でも購入することが出来ます。

スーシーの最安値はこちら